Xビヨンド…

新しいJ.J. Abramsの精巧な映画用の小道具みたいけれど、このビューエルXB9はロンドンのdeBolex Engineeringが特製した。

IMG_4432

筋が通っている、deBolex EngineeringのCalum Pryce-Tiddは流線型な、技術正確さ、最小主義のバイクを作るのうわさ。XB9 City Xは元々マッドマックスのけだもの。エボリューションから生じるのエンジンがフュールインフレームデザインに入ってるので真性タンクがない。
新しいの模造タンクはエアダクト、K&NエアフィルターとShoraiのリチウムバッテリーの周りでデザインした。全く新しいのエキパイがエンジンの下で蛇行するようにSparkマフラーまで。

IMG_4438

フロントフェアリングが軽いのアルミでカスタムボディワークは移転したオイルクーラーを隠してる。ベントとヘッドライトに未来的な分厚いフロントを総合した。

IMG_4434

RizomaのフラットハンドルバーがRenthalグリップとバーエンドウインカーを付けてる。
テイルで新しいの分厚くて70年代レーシング風を作った。サブフレームも新しいのでヒューズボックス、ECUとMotogadget m-Unitが入ってる。テイルの中にしまってHighsiderの円筒形LEDのテイルライトだ。シートが防水のアルカンタラと柔らかいビニールで巻いてる。

IMG_4435

フロントサスペンションは元のより長いのドゥカティのPanigale 899のShowaフォークだ。新しいフォークがFastec Custom Racingの単発のトリプルヨークに入ってる。リアサスはMaxtonのRT10のタンク付きのモノショックだ。良い阻止脳ためにブレンボのディスクブレーキとモノブロックキャリパーを使ってる。

IMG_4439

ホイールがDymagの超軽量の5スポークのカーボンファイバーもので、リアのはこのバイクのために単発のだ。メッツラーのRoadtec 01のグリップ力の高いタイヤた。新しいペンキは見栄えがするし厳しいだ。フレームがサテン仕上げ黒で、ボディワークはハーレーダビッドソンのメタリック赤だ。その上に、タンクでシルバーストライプがあって、テイルに「1/1」がある。Calumは1台1台をかけがえのない存在として扱う。

IMG_4427

FacebookInstagramにてご覧いただけます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s