八百六十…

Bryan Heidtはこの1975年のドゥカティの傘歯車(ベベルギア)860を整備した。

img_1874

HeidtはFuller Motoで8年間に製作と設計して、Fullerが数年前買った計画なしバイクを見つけて、2人で計画を提案した。

img_1861

860のエンジンが750のL-ツインのベースに2つのドゥカティの450単気筒チャンバーとピストンと結合されてた。元の良質のDell’Ortoのキャブレターで、エンジンがそのまま良いけど、組み作り直すは発揚だ。

img_1865

そして、Heidtが新品同様になるためにエンジンとキャブレターをサンドブラストした。

img_1858

手作りステンレス鋼のエキパイに2つのリバースメガホンマフラーを付けた。

img_1860

Benelliタンクがもともときれいたけど、他のカスタムと別扱いにするために彼は切って線を微妙に変えた。

img_1728-1

それで、Heidtは手びねりでアルミのテイルと綺麗なビロード張りのシートを使った。

img_1864

電気システムが900 Super Sportの固定子、キセノンヘッドライトとリチウムイオン電池に引き上げられた。

img_1857

GSX-Rのフロントフォーク、Sport ClassicのフロントハブとKLR650のリアハブとスーパーモトリム、 R-6のモノショック変換でこのバイクのハンドリング特性を劇的に変えた。

img_1873

これに加えて、切れてるMonster 800のフェンダー、GSX-Rのリアセットと、製作のボディワークで、本当にフランケンシュタイン的怪物見たいなバイクを気づく。

img_1859

Chastin BrandJDKのJoe Pattersonはタンクとテイルに暗いなメルセデス・ベンツのグラファイトグレーをペンキして、クラシックなドゥカティのグラフィックを付けた。

img_1872

4年の努力で最後には優れた結果をもたらした。両方ともに魅力的と能力的だ。

img_1862

HeidtがCavallo Nero「ダークホース」の名前を付けた。

img_1863

FacebookInstagramにてご覧いただけます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s