マイケル、マイケル、モーターサイクル…

モーターサイクルを見て熱狂する子供はやがてどうなる?Michael Woolawayのようになる。

6

幼少時は失読症により、才能が認められなかった。学校では金属加工の授業を得意としていたが、彼の性格と住んでる場所によって、受け入れられなかった。家から数ブロック離れたところに、Mert Lawwillと彼のトラックがあり、彼の父がシアース・ポイントとラグナ・セカのレースウェイによく彼を連れて行った。放課後は古い車やビンテージカーを修理した。そして、極力レースにも出た。オートバイのレースだ。一つのクラスにこだわらなかった。フラットトラック、長距離耐久レース、グランドナショナル、デザートレース、そしてロードレースだ。多能だった。

4

放浪者だった彼、次は何をしだろう?潜水艦と関係の仕事だ。その次は、映画ビジネスだ。最初は映画のためのの模型制作士、その後は長期にわたって照明係をしていた。そこで最愛の人と出会い、意欲もとても高かった。細部にもよく目が届いて、照明係は第二の天性でもあった。現在も働いている。

bmw

だが、彼にとってそれは満足ではなかった。彼のバイクと同様、優れたものをより良くする。彼は、出会った人々のためにバイクを作った。出会った人々とは、有名人のことだ。有名人は優れたバイク欲しかったので、彼がそれを作ったのだ。Speakeasyで、今でも続けている。

rx

当然、彼にとって最後の職ではないが、Deus Ex Machina。ライフスタイルとビジネスの知識が豊富であるDare Jenningsと仲間が、Deusの見事な事業アイデアをアメリカに広げたかった時、マイケル、マイケル、モーターサイクルとつないだ。それ自体がDare達のデウス・エクス・マキナだ。
新しいものと古いものを混ぜ、素晴らしいものを造り上げ、1人ずつ丁寧にカスタムするので、美しさとファンクションを作れる。彼がDeusを広げた重要な人材だった。

5

彼の作ってるバイクはDeusに売却損が出るのだが、私たち、モーターサイクル界に大いに貢献している。彼が作った全てのバイクがDeusに、世間から注目を浴びている。いろんな人にとって創意となるのだ。最近のプロジェクトを見たいなら、こちらで見ることができる。

1

FacebookInstagramにてご覧いただけます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s