美しいヴィンテージ…

スピードトラックター、この東京のカスタムショップが「Dirty Good Fun Moto」を商売のモットーにしてる。

IMG_4591

T-61 Catalina Specialが基準にしているのは、人気の少ないスズキのST400 テンプターだが、カタリナ風スクランブラー形を作製した。スピードトラックターのMatthew Robertsは (現在Deus Ex Machinaと働いている)造る際に大いに貢献した。

IMG_4589

スズキの大きな単気筒エンジンが十分な力があるので、細かいグレードアップは必要ない。
エアーボックスを広げ、K&Nのエアーフィルターを取り替え、自由な流れを促すようにした。美しい単発のハイパイプを使用できるように、キャブレターのジェットを調整した。

IMG_4590

リアサブフレームを切り、シートとフェンダーを合わせた新しいループ形のサブフレームを作った。リアショックアブソーバーは1インチオーバーの二重スプリングの物で、フロントフォークは整備をし、サスペンショントラベルを長くするために内部のスペーサーを変えた。更に円滑に行うためにフロントタイヤを特大にした。

IMG_4594

合金の集積ウィンカーとヘッドライトステーの中は、ビンテージのクロームヘッドライトだ。トラッカーバーに小さなスピードメーターと、ビンテージのうねりのあるグリップを付け、フォークゲイターで前部分は立派に完成した。

IMG_4592

36スポークのホイールがビンテージタイヤを付け、シンプルなツヤ出し黒ペンキをした。このバイクは市街地でも山道でも疾走できる。

 FacebookInstagramにてご覧いただけます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s