自由と青年…

Lorenzo Burattiには娘と自分の将来的な見通しがあった。17歳が運転を習え、林道で走れるバイクだ。SWMの320TLトライアルバイクを単に美しいものだけでなく、世界から逃がれられる能力を十分に備えたものに作り上げた。

IMG_0749

ミラノに本拠を置くSWM (Speedy Working Motors)は70年代と80年代オートバイ製造業者だ。SACHSエンジンにはじまり後にロータックスエンジンを使ったオフロードオートバイだ。

IMG_0750

320TLは280ccロータックスエンジンの付いているトライアルバイクだ。Burattiはフレームとエンジンは古いものをやープすることを決めたが、エキパイは改造と塗装をした。タンクは不用品交換会で見つけたモトベカンのエンデューロバイクのものだ。イタリアンスタイルのつくりでエアフィルターカバーはトマト缶で作った。

IMG_0751

リアフェンダーに使うためBurattiはグラインダーでカワサキのZ900のフロントフェンダーを切って形を作った。フロントフォークを磨き、タンクと同じくフロントフェンダー、ハントルバー、グリップ、レバーとライトは不用品交換会で見つけたものを使った。

IMG_0752

バイクが元々持っていたものを使い、パーツはたまたま見つけたもので作ったので、安く比較的簡単なバイクを組み立てた。初心者に十分乗りやすくリュックサックを取り付け林の中を走れる十分実用的なバイクを作った。

IMG_0748

 FacebookInstagramにてご覧いただけます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s