スリーインワン…

カワサキのW800は、以前のW650と同じく、りっぱなカスタムの基礎。シンプルな信頼性の高い、良いエンジン。

IMG_6406

Marco Lugatoが経営するイタリアのカスタムショップMoto Di Ferro Motorcyclesは新しいプロジェクトのため、W800を選定した。元レーサーのMarcoは2004年から特徴あるバイクをカスタムし始めた。2010年にヴェネチアの中心部にカスタムショップを開業した。

生々しく、実用的で、現実的。

IMG_6408

元のW800の重量は216キロ、プロセスの一部として品良く183キロに下げた。

生々しい素質がある ー 手作りタンクと茶色レーザーシートをアルミとレザーに集約した。

意図的に実用的 ー 前後を手作りの18インチにし、変更に対応するよう、幅を伸ばしたトリプルヨークを作った。サスペンションも前と後ろはオーリンズ、調節可能なプリロードショックアブソーバーとフォークカートリッジ。

創造に現実的 ー 手作りツーインワンエキパイ、エアフィルター、カストムサイトプレート、フェンダー、ハンドルバー、時計、ライトなど。

IMG_6407

Di Ferroは数量限定で作り出しているが、スクランブラーだけ作るのではなく、トラッカーとボバーも販売してる。

IMG_6416

トラッカーはクラシックな切削アルミタンクとテール。道路用に細く機敏だ。ボバーはスピードを真っすぐ出すため短いリアフェンダー、曲タンク、特大タイヤ、 マフラーだ。

 FacebookInstagramにてご覧いただけます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s