美しいもの…

このバイクをKruz Companyが見つけた時は、箱いっぱいの部品だった。欠けた部品と壊れたエンジンのガラクタのようだったが、実は、その時代の耐久レースを勝ち抜くために開発されたバイクだった。Oss 24時間やBarcelona 24時間やLe Mansなど。勝ち抜いただけではなく1-2-3位を総なめした。Laverda SF 750が見つかった。

IMG_6276

おそらく、このイタリアのバイクが最も美しく早い70年代のバイクの一つのため、Kruzは特別なことをしたいと考えた。カフェレーサーは過去に作られているが、スクランブラーは?

IMG_6257

部品を見直して、オリジナルのフレームを残し、そこから作業を始めた。CB750からのタンクを使いフレームに合わせた。Laverdaのエンジンは不滅に作られた。しかし、何年も放置され強力なパラレルツインにリビルドエンジンが必要だった、ブレーキもそうだった。そこからはこのバイクのためにカストムビルドされた。

IMG_6263

新しい2-1エキパイは清潔できれいな目的に合ったフォーム。新しい配線、電子点火システム、GPSスピードメーター。フロントエンドはKruzにより作られたものなので、目的の通りの役割りを果たす。フェンダーとサイトプレートを製造、シートはスクランブラー仕様に作られた。ラックとサドルバッグを加え有用性を持たせた。

IMG_6255

そして、美しいものが生まれた。

 FacebookInstagramにてご覧いただけます。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s